ダイヤモンドのささやき

ダイヤモンドのささやき

エキゾチックなアラベスク文様の結婚指輪

カテゴリー
リングの紹介

とてもエキゾチックな結婚指輪のご紹介です。

個性的なデザインのために好みは分かれますが、とても人気のある結婚指輪です。

Arabesque アラベスク

どこまでも伸びていくアラベスク(唐草模様)の一部だけに艶仕上げを施し、地金はツヤ消し仕上げです。

ふたりのリングを合わせるとハートの模様になるシークレットデザインです。

リング両端にもミルグレイン(ミル打ち)を施してクラシカルな印象に仕上げています。

アメリカ中南部アパラチア山脈地方の人たちを「山人、山の地方の人」といった意味でヒルビリー(ズ)とよんだことから、この地方の農民や木こりの間におこった歌、あるいはその訛(なま)りの強い歌い方をさしていたが、この地方に発達したマウンテン音楽をヒルビリーとよんだ時代もあった。

HS17022132643_pt_rh

アラベスクとはのモスクの壁面装飾などに使われている美術様式で、植物などを反復して作られた幾何学文様のことです。

ハワイヤンジュエリーなどにも多く使われるデザインパターンの一つです。

連続した蔓の文様は永遠や子孫繁栄など嬉しい意味を持っているため、結婚指輪のモチーフとして用いられることが多いです。

またミルグレインミル打ち)は、ヨーロッパで古くから伝わる装飾技法で、ラテン語で「千の粒」の意味を持ちます。

連続した「千の粒」の打刻文様はアラベスク文様と同じく、永遠や子孫繁栄を表しています

リングに彫刻されたアラベスクとミルグレインの途切れることのない模様は、ふたりの終わることのない愛の象徴となります。

さらに表面に彫刻が施されているので、擦り傷などが目立ち難く、使用感も良い風合と感じられる指輪です。

女性の指輪はプラチナの地金にピンクダイヤをプチアレンジすると、さらに可愛らしく印象的なイメージになります。

このタイプのリングはストレートで幅があるので、自筆のメッセージをリングの裏側に刻んだり、誕生石や好きな宝石をシークレットストーンとして入れることもできます。

とても簡単なアレンジで、ふたりだけの特別な意味合いをもつ結婚指輪に変化させることができます。

 

HS17022132643_pt_rp

プラチナ仕上げもとても素敵ですが、地金をゴールド(K18)仕上げにすることで、よりエキゾチックな印象になりますね。

HS17022132643_yg_R2

デザインコンセプトを理解することで、結婚指輪選びの幅も広がると思います。

魅惑のイスタンブールやモロッコに新婚旅行に行きたくなるような、Arabesque アラベスクの結婚指輪のご紹介でした。

4

アメリカ人の選ぶ婚約指輪のダイヤモンドは1カラット

カテゴリー
その他

日本人の婚約指輪に使われているダイヤモンドの大きは、平均で0.3カラット程度と言われています。

ところが、アメリカ人が婚約指輪に選ぶダイヤの大きは、1カラットがあたりまえなのです。

HS15100222884v

日本人は、ダイヤモンドに対して4Cの全てに完璧を求めます。

4Cについて

ところがアメリカ人は、カット(研磨)がエクセレントであれば、カラー(色)やクラリティ(透明度)はあまり拘りません。

とにかくカラット(重さ)を重要視するようです。

アメリカ人は日本人とダイヤモンドに関する考え方の基準が違うようですね。

タイトルのような表現をすると、アメリカ人がとても裕福な印象を受けますが、実はどちらも同じ価格のダイヤモンドなのです。

カットが良ければ見た目の大きさだけで選ぶか、小さくてもトータル的に質の良いものを選ぶかなのです。

まるでアメリカと日本の車に対する考え方の違いのようですね。

アメリカ人は身体が大きいので、車もダイヤモンドもBigger is Betterなのでしょうか。

HAKUSENDOでは、日本人に人気の4C全てに優れた、減点0の「幸せのダイヤモンド」を多数ご用意しています。

4

ジューンブライドの不思議

カテゴリー
お知らせ

ジューンブライドという言葉の響きは、とても素敵ですね。

6月に結婚すると幸せになれるといわれているジューンブライドですが、日本の6月は梅雨の真っ只中です。

結婚式も敬遠されそうですが、なぜ梅雨の時期に結婚すると幸せになれるのでしょうか?

HS17041332803

このお話しは日本ではなく、ヨーロッパに伝わる結婚の風習なのです。

この時期のヨーロッパは日本の梅雨と違って、天候がとても安定いしていて、過ごしやすい季節なのです。

6月は英語でJune(ジューン)と言いますが、それは本来ユーノー(Juno)からきている言葉です。

ユーノー(Juno)とは、ローマ神話で女性の結婚生活を守る女神のことなのです。

そしてブライド(bride)は花嫁ですよね。

ジューンブライド(June Bride)は直訳すると「6月の花嫁」ですが、結婚生活を守る女神のユーノーの女神が、結婚生活を守ってくれて花嫁が幸せになれるという意味なのです。

嫌な梅雨ですが、この時期がベストシーズンのヨーロッパは新婚旅行にはとてもお勧めですね。

秋にジューンブライドの話?って思うかもしれませんが、半数のカップルは6ヶ月前には結婚式場を予約しているそうです。

ジューンブライドの結婚を考えているなら、そろそろ式場を予約しなければなりませんね。

婚約指輪は結婚式の8ヶ月前、結婚指輪も3ヶ月前に用意するのが一般的です。

4


お気に入り

WEBからご来店予約いただくと、お気に入りに入れたリングをご来店時にご用意いたします。

ご来店予約はこちらから

ご予約なしでも指輪をご覧いただけますが、事前にご予約いただけるとお待たせすることなくスムーズにご案内させていただきます。

WEBからご来店予約

予約フォームへ

TELでご来店予約

営業時間 10:30〜19:00
水・第2火曜日定休(祝日営業)

サイト予約限定特典。サイトよりご来店予約された方のみ、指輪のご購入代金より10%割引致します。

<さらに>ご成約された方にはご来店までの交通費を、現金でプレゼントいたします。(上限1万円まで)

ご質問やご相談など気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォームへ

HAKUSENDOが選ばれる理由